最新治療法

3Dマンモグラフィー『トモシンセシス』とボルパラ判定による乳がん検診

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

乳がんは「早期検診」「早期発見」「早期治療」によって命を落とすリスクを減らすことができます。
近年、乳がんの検診機器は発達し、早期のステージで乳がんを見つけられる割合も増えてきました。
最新鋭の検診機器である3Dマンモグラフィー『トモシンセシス』、高濃度乳腺(デンスブレスト)とその判定ソフトウェア・Volpara(ボルパラ)に関するインタビュー。
宇都宮セントラルクリニック代表・佐藤俊彦が解説しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

「乳がんに負けない」女性を応援しています

宇都宮セントラルクリニックブレストセンターは、乳がん健診をはじめとした、乳腺に関する疾患を専門に扱う女性専用の乳腺外来です。

日本ではまだ少ない3Dマンモグラフィー(トモシンセシス)や、乳房専用PET検査装置であるPEMやABVS・Volparaなどを導入し、精度・信頼性ともに高い世界水準の乳がん検診を、患者さまに負担をかけずに行うことができます。

また、乳腺外来として、乳腺分野の専門医を揃え、乳腺にしこり・腫れなどを感じた方のための適切な検査・処置を行うことが可能です。


宇都宮セントラルクリニックブレストセンター公式サイトへ

SNSでもご購読できます。