ドクター紹介

宇都宮セントラルクリニック代表 佐藤俊彦

ドクター紹介 佐藤先生

ごあいさつ

開業医の役割は、最先端医療技術をいち早く取り入れることと、一般の人にそれらのメリットをわかりやすく伝えることだと思います。 教育機関である大学病院では、最先端の研究はできても、医療を提供することはできません。なぜなら、研究医や学生さんに、オーソドックスな医療を教育する義務があるからです。 世界標準の考え方で、医療機器の導入および人材の配置を検討していかなければなりません。これに基づいて当院の乳腺センターおよび女性専用の検診センターは設計されています。 世界最先端のブレストイメージングセンターは、きっとあなたの乳腺の悩みを解決します。 また、一つの医療機関で、癌の診療を完結することはできません。手術・化学療法・ホルモン療法・放射線治療・免疫治療・温熱治療と様々な治療法を駆使しなければならない癌診療において、連携医療は必須です。 栃木県や北関東のエリアで、当院は放射線診断・放射線治療のハブとしての役割を果たしていくつもりです。 あなたの健康のために。

略歴

1985年 福島県立医科大学卒業
1987年 日本医科大学第一病院 放射線科
1989年 獨協医科大学付属病院 放射線科
1993年 鷲谷病院 副院長
獨協医大非常勤務講師
1995年 有限会社ドクターネット設立
1997年 宇都宮セントラルクリニック開院
現在 宇都宮セントラルクリニック 理事
セントラルメディカル倶楽部 顧問医
(株)AIIM JAPAN 代表取締役社長
Medical Research(株) 顧問
(株)フリール 取締役
米国財団法人 野口医学研究所 理事
NPO野口医学研究所 専務理事
トーマスジェファーソン大学 客員教授

宇都宮セントラルクリニック ドクター 竹原めぐみ

ドクター紹介 竹原先生

ごあいさつ

芸能人の報道でもたびたび騒がれ着目される乳がん。 10年ちょっと前までは、乳がんにかかる女性は20人に1人程度とされていましたが、いまや日本人の11人に1人という割合まで乳がんにかかる女性が増えています。 この数字から言えることは、乳がんになってしまうことは決して他人事ではなく、自分も含め自分の近しい人や知り合いに1人はいる、くらいの確率という病気なのです。 乳がんは、早期に発見し早期にきちんとした治療をすることが何よりも大切です。しこりなどの自覚がある方は一刻も早く乳腺科を受診してください。自覚症状がなくても、自分のためだけではなく家族のためにも、まずはきちんとした検診を受けましょう。

略歴

2000年 北海道大学医学部大学院卒業
2002年 北海道がんセンター 乳腺外科
2006年 自治医科大学 乳腺科
2015年 宇都宮セントラルクリニック 乳腺外科
所属学会等 日本乳癌学会 専門医 指導医
外科学会 専門医
マンモグラフィ精中機構読影医 講師
日本外科学会 専門医
日本癌治療学会
日本超音波学会
日本臨床外科学会
日本乳癌検診学会
日本臨床腫瘍学会